【世界一周】2 UK ロンドン 後編


さてロンドンにサッカークラブがいくつあるかご存知でしょうか?
プレミアリーグからどこのカテゴリーまで入れるかにもよりますが、
とにかくたくさんあります。
Qoly:ロンドンにあるフットボールクラブの数がすごすぎる

そんな中、私のライフワークのスタジアム訪問で何箇所か行ってまいりました。
もともと町歩きが好きなのですが、ただ単に歩いてもつまらないので、
地図を見ながらサッカー場に行こう、というのがコンセプトです。

 

8月19日 チャンピオンシップ4節
クイーンズパークレンジャーズ対ハル・シティ@ロフタスロード

こんなジジイになりたいぜ

いやこの試合は面白かった。
ホームのクイーンズパークレンジャーズ(通称QPR)が昔のイングランドサッカーさながらの
縦に長いボール蹴って、でかいフォワードが競り合う、もしくは
相手ディフェンスラインの裏を狙って縦に長いボールを蹴って、両ウイングがそれを
走ってボールを取りに行く、というサッカーを徹底しており、
「こんなサッカーで勝てるんかよ、ほら失点した」
と思ってたら、それを徹底してそこから2−1でホームクラブが逆転。
みんな大満足で帰路につきました。
試合のハイライト

8月20日 プレミアリーグ2節
トッテナム・ホットスバーズ対チェルシー@ウェンブリースタジアム


チケットを取らずに午前中の10時にスタジアムに突撃。
人気カードとはいえ、ネットでチケットを売っていたのですが、
どうしてもチケットの取り方がわからない。
で、止むを得ず当日のチケット購入をと思ったら窓口で「ネット予約してくれ」の一言。
だから、それができないんだよーーーと言いたいが、今ここでネットにつなぐことができないので、
もうダフ屋から買おうと駅近辺をうろつくと、すぐにダブ屋が声をかけて来ます。

チケットの定価はこんな感じ。

3人と交渉をしましたが、とにかくチケットが高い。200ポンド(3万円)からスタートして
しばらく話をしても150ポンド(1.8万円)が限界。
そもそもいくらのチケットがいくらになっているのかは聞きませんでしたが、
俺「予算は100ポンドだ。なんとしろ」
で話がかみ合わず( ´・ω・ )

昨今はフットボールビジネスはどんどん大きくなっておりまして、
地元の親父が支持したクラブは、今や世界を舞台にビジネスを行なっております。
それに伴い、何かと金カネかねで、、、サッカーは労働者階級の娯楽だった時代は
すでに過ぎ去っておるのです。
私はそう行った流れに対して、アンチテーゼを唱えたいのです。
ダフ屋からチケットを買うお金がないわけではないのです。

ウェンブリーには過去に2回訪れたことがある、サッカーの聖地です。
スタジアムツアーにも参加しました。中で試合を見る夢があったのですが、、、
近くのパブで飲みながら試合見てました。
試合のハイライト。この試合に3万円の価値があったかどうかは個人の判断にお任せします。

8月20日 スタンフォードブリッジ・スタジアムツアー


前述のスパーズの試合のチケットが取れず丸々午後が空いてしまったので、
地下鉄を駆使してチェルシーのホームスタジアムのスタンフォードブリッジの
スタジアムツアーにやって来ました。
ここは以前私が試合を見たことがあります。

8月21日 エミレーツスタジアム

レジェンドプレイヤーが描かれた外壁。

チームの命運を握る、新加入ラカゼット

翌日は同じくロンドンにあるアーセナルの本拠地エミレーツスタジアムに
行って来ました。こちらは時間の都合でクラブのミュージアムだけ参加です。

8月22日 ロンドンスタジアム


WESTHAMというロゴを入れる作業中。


2012年のロンドンオリンピックを覚えていらっしゃるかと思いますが、
ここのロンドンスタジアムはそのメイン会場になったスタジアムです。
大会後にこのスタジアムどうするの?って話になった時にウエストハム・ユナイテッドというクラブが
手を上げます。
今まで35000人のブーリン・グラウンドを使っていた同クラブは、
一気に60000人収容の大スタジアムを手に入れることに成功。
チェルシー、アーセナル、スパーズ、俺はお前らのかませ犬じゃないぞ!という中、
今度の展開が気になります。

8月22日 イングランドリーグカップ2次ラウンド
フラムFC対ブリストル・ローヴァーズ@クレーブンコテージ


試合のハイライト
いや、本当に見るべきところが少なく、、、

スタジアムについては機会があればもっと詳しくやります。

次回はウェールズ カーディフ編。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA