【世界一周】2 UK バーミンガム

セントアンドリュース・スタジアム

あらすじ
3日過ごしたウェールズはカーディフをバスで出発して3時間30分。
イングランドのミッドランド(中部)バーミンガムにやって来ました。
今回も「Megabus」を使用しまして、10ポンド(1500円)でした。

バーミンガムについて

バーミンガムはイングランドでも2番目の大きな街です。
ただ、観光地としてはそれほど何かがあるわけではありません。。
生活するにあたりましては色々と買い物スポットがあって楽しいのですが。。

バーミンガムに寄ったのはリバプールへの道中の休憩ポイントだったのですが、
急遽友達からの熱い推薦でアイルランドに行くことになりまして、
バーミンガムー(飛行機)ーアイルランドの首都ダブリンー(飛行機)ーリバプールという
流れになりました。
元々用がなかったバーミンガムは一応8月25日から8月27日まで2泊3日滞在しておりましたが、
27日は岡崎慎司が所属するサッカークラブがあるレスターへ1日日帰り旅行行きました。

行ったところ

セント・アンドリュース・スタジアム

バーミンガムには2つのプロチームがあります。残念ながらどちらも今は2部ですが。
それがバーミンガムFCアストン・ヴィラFC
今回はチケットが余っていたのでバーミンガムFCとレディングFCの試合を見に行ったのですが、
非常に退屈な試合でした。
一応の試合ハイライト。
ちなみに、ゴルフで有名なセントアンドリュースはバーミンガムにあるわけではなく、
スコットランドにあります。

ブルリング

ブルリングはバーミンガム中心地にある大型ショッピングモールです。
ブルリングの「ブル」は牛ということであっていると思います。
大きな牛のモニュメントがありました。
楽しく買い物ができるのですが、貧乏旅行だし、一人だし、荷物持って行けないしで
あまりじっくり見ることはありませんでした。
なんか写真も投げやりですが、美味しそうなレストランを尻目に宿に帰って
缶詰のカレーを食べなければならない憤りがそうさせたのかもしれません(´; ω ;`)

それだけです。
最初に見所がないと書きましたが本当は博物館、ミュージアム、美術館、色々あります。
ただ、私がそういうのに興味を持つタイプかどうかは、皆さんお察しだと思います。

たまたま通りかかったクマの置物。よくわからない

泊まったホステルは通りを一本挟んだ裏手にありまして、やや不穏な感じを醸し出しておりました。

宿の外では一晩中黒人がデカイ音で音楽を流し続けるわ、部屋は6人部屋だったのですが、
ジジイが「こいつ死ぬんじゃないか」っていういびきを一晩中かき続け、
やれやれと目を覚ましたら、隣の二段ベットでオーストラリアから来たって言ってた
白人が同じベットで男と寝てたりと、アンダーグラウンド感漂う滞在でした。
ただ、バーミンガム セントラル バックパッカーホステルの名誉のために書いておくと
共有スペースはロックがガンガンかかり、ふかふかのソファーで、
快適に滞在してました。

オーストラリアのお兄ちゃんも気のいい人でしたね。

バーミンガムの思い出それだけです、、、

(次回はレスター編)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA