スタジアム行ってみた・サンチャゴ ベルナベウ(スペイン)



名称:Estadio Santiago Bernabéu
所在地:Avenida de Concha Espina 1,E28036 – Madrid
設立:1947年
キャパシティ:81044人
メイン使用チーム:レアル・マドリード
アクセス:地下鉄、サンティアゴ・ベルナベウ駅から徒歩。
(地下鉄出口にて強盗が多発しているという情報がガイドブックに載ってました)
スタジアムフード:ひまわりの種
(私が見た限りですが、本当にナッツ系と豆系、種系しか売ってませんでした)

2011年訪問、レアルマドリード対バルセルナのエル・クラシコを観戦。

試合の動画

チケットは試合数日前にスタジアム付近でうろついているダフ屋から10000円くらいで購入。
今は知りませんが、当時はネットで一般販売しており、即完売ではなかったはず。
ただ、どうしてもクレジットカードの決算の場面から先に進めず、
国内でチケットを確保できませんでした。

試合前に出る露店。ほぼオフィシャルではない。
138 のコピー

夏のスペインですので日が長く、この明るさでも実際は20時くらいです。

マドリードの選手が乗ったバス。大歓声。
140 のコピー

バルセロナの選手が乗ったバス。罵声がすごい。
146 のコピー

試合日は開くゲート。チケットのバーコードを読み取らせるタイプ。
147 のコピー

世界中の注目を集めるエル・クラシコ。当然の客入り。
149 のコピー

試合の詳細はwikiにて
https://en.wikipedia.org/wiki/2011_Supercopa_de_España

試合後はこんな感じ。キックオフが一斉に帰宅。
153 のコピー

FC東京の羽生さんに似ているエジルが先制点を決めるものの、
ビジャのビューティフルゴールと、メッシのゴールが決まり、バルサが逆転。
会場がかなり不穏な雰囲気になりました。

まあ後半シャビ・アロンソのゴールが決まりなんとか引き分けになったので
最低限の結果だしたかな、という感じがしました。。
ちなみにこの試合いくら夏とはいえ、夜の22:00にキックオフってすごいよね。
日本だったらもう試合終わってる時間。

またゴール裏にどこのクラブにもあるように、レアルの熱狂的なサポーターの一角があり、
太鼓をドンドン叩いて応援してるんだけど気の毒に誰もついてこない

バルセロナのサポーターはいなかったような気がしたな。

 

 

 

 

おまけ・スタジアムツアーについて
入場券16ユーロ。スタジアムとミュージアムが見学可能。

ここで購入します。
033 のコピー

チケットの半券と、ガイド。
IMG_1223 (1)

ベルナベウのスタジアムツアーは、ガイドの案内に従う形式ではなく、好き勝手に回るタイプです。
034 のコピー

048 のコピー

042 のコピー

041 のコピー

2001年ー2002年、UEFAチャンピオンズリーグ決勝、
バイヤー・レバークーゼン対レアル・マドリードでのジダンのゴールはあまりにも有名ですが、
ミュージアム全体を通してかなりジダン押しでした。
この写真、動画を何回か見ました。
hqdefault

このツアーのゴールが、スタジアム併設のグッズショップに直通になっているのが、
しっかりしているなあと感じました。

私はトレーニング用の厚手の長袖ウエアを勢いで購入しました。
今でも冬のランニングの際には愛用しております。

またスタジアムにはカフェもあるので行ってみたのですが、なんかあんまりでした。。。

 

 

 

 

俺とレアルマドリード
特別ファンなわけではないのですが、私の世代でレアルマドリードといえば、
やはりラウール・ゴンザレスですね。本当にいい選手でした。
そのあとのジダン、ベッカム、フィーゴ、ロナウドなどの銀河系軍団よりも
90年代終わりのシュケル、ミヤトビッチの2トップとかの方が思い入れがあります。

今ほどサッカーを世界の隅々まで売ろうという時代ではなかった頃、
ビッグクラブのスポンサーはオイルマネーでもなければ、世界的大企業でもなかった時代です。

あの頃のレアルの胸のスポンサー企業の「Teka」って結局なんだったのか、
今でもわかりませんね、、、

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA